弱り目に祟り目

よわりめにたたりめ

 弱り目に祟り目とは、困ったことがあって弱っているときにさらに災難にあうことをいう。「弱り目」と「祟り目」の「目」は「落ち目」「控え目」のようにそのような状態にあること、「潮目」「季節の変わり目」のようにそのような場所や時点にあることなどを意味する。「祟り」は神様が人間に罰としてもたらす災難であり、「弱り目に祟り目」は、言ってみれば、不幸に逢って弱っている人に対する神様のいじめである。(CAS)

弱り目に祟り目 ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

書店、ネット書店等でお買い求めください。定価1.000円+税

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

特選テーマ

カテゴリーインデックス

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を