この辞典の使い方「ほ」で始まる言葉>法螺を吹くの意味、語源

カテゴリー:慣用句

法螺を吹く

ほらをふく

 法螺(ホラ)を吹くとは、誰でもウソだとわかるような大げさなウソをついたり、ショボい男が「今度の仕事で十億円手に入る」といった夢のような話をすることをいう。「法螺」は法螺貝の意味で、吹くと大きな音がすることから、山伏が深山でお互いの連絡手段として使ったり、軍隊の進軍ラッパの代わりに用いられた。そこから、法螺を吹き鳴らすように大言壮語することを「法螺を吹く」というようになった。「法螺を吹く」といわれるようなウソは誰にも被害を与えないたわいないウソである場合が多く、悪意のあるウソは耳の中にストローで流し込むようにささやかれる。(CAS)

法螺を吹く ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆あの○△□は何だった

おでん

◆リンゴ酒だったはず

サイダー

◆首相のこだわり

肝煎り、肝入り

◆「打つ」ってヘンだろ

手打ち蕎麦

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を