ひかり

 光とは、影の原因。(……などと、まことしやかに定義すると、「なるほど、奥が深い」と感心される向きもあるが、実は「東の反対は西である」と言っている程度の、たいして意義も発展性もない定義である。自分で言っておいてなんだけれども、読者諸氏はこのような思わせぶりな定義や月並みな教訓に批判的な目を向けてほしいものである)

 ところで「光」であるが、私たちの目に明るさを感じさせるものという物理的な光の他に、目の輝きや心の明るさ、希望、人に尊敬の念を起こさせる力や威圧する勢い、用紙の美しさなどの例えとして広く用いられる。光がまたたくさまを「ぴかぴか」と表現するが、昔は「ひかひか」と言っていたようで、「ひかり」という言葉もそこから来ているらしい。その考え方でいくなら、現在は「ぴかり」と言ったほうが、光を言い表すのに適しているといえるだろう。(CAS)

光 ついでにこんな言葉もチェックすべし


この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード

最新おすすめワード

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

(過去の作品も登場)

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ