この辞典の使い方「と」で始まる言葉>どういう風の吹き回しかの意味

カテゴリー:慣用句

どういう風の吹き回しか

どういうかぜのふきまわしか

 どういう風の吹き回しかとは、思いがけないことが起きたときに用いる常套句で、どんな方向に風向きが変わってこういうことが起こったのかという意味である。ここで「風(かぜ)」は、風で帆船が動くように、人にある行動を起こさせる外力、それも、どこからともなく吹いてきて気まぐれに方向が変わったりする、あまり原因や理由のはっきりしない力をいう。「どういう風の吹き回しか」は、「どういう風の吹き回しか、難航していた商談が契約の運びとなった」のように、主に自分にとって都合のよいことが起きたとき、なぜそうなったのか理由はよくわからないが、ラッキーなんだからいいじゃないか、みたいなノリで用いる言葉である。

 一方、思いがけない不幸なことが起きたとき、われわれは「なんの因果で」といった常套句を使う。「因果」は原因(因)と結果(果)を意味し、悪い出来事は自身の悪行が原因となって起こるという仏教思想を表す用語。要するにわれわれはなにか不幸な出来事に出くわすと、「なんの因果で」とその原因を追及する姿勢を見せるのに対して、幸運な出来事については、その原因や理由を確かめもせずに、「どういう風の吹き回しか」などと片づけて幸せを享受する傾向にあるということであろう。(CAS)

どういう風の吹き回しか ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

中国語訳版が近日台湾、香港などで出版される予定!

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

書店、ネット書店等でお買い求めください。定価1.000円+税

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

特選テーマ

カテゴリーインデックス

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を