この辞典の使い方「う」で始まる言葉>上前をはねるの意味、語源、由来

カテゴリー:慣用句

カテゴリー:経済、ビジネス、職業

上前をはねる、上前を撥ねる

うわまえをはねる

 上前をはねる(撥ねる)とは、ある人に渡す賃金や代金などを、取り次ぎに入って一部自分のものにする、つまり、ピンはねするという意味。現場の労働者に渡されるべき賃金を、労働者を手配した会社が手数料としてはね、労働者を手配した会社を手配した会社が手数料としてはね、労働者を手配した会社を手配した会社を手配した会社が手数料としてはね……とまあ、こういうのがよくある「上前をはねる」システムである。

 「上前」は「上米(うわまい)」が変化したもの。上米とは、もとは寺社へ奉納する米のこと。江戸時代には、米穀などの輸送物資に課した通行税のことをいい、のちに、仲介者が取る手数料の意味となった。企業から仕事を丸投げされた取引業者が代金の一部をピンはねし、企業から仕事を丸投げされた取引業者から仕事を丸投げされた取引業者が代金の一部をピンはねし、企業から仕事を丸投げされた取引業者から仕事を丸投げされた取引業者から仕事を丸投げされた取引業者が代金の一部をピンはねし……とまあ、こういううんざりするシステムが健在であるため、「上前をはねる」はいまでも人気のある慣用句となっている。(CAS)

上前をはねる ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆リンゴ酒だったはず

サイダー

◆首相のこだわり

肝煎り、肝入り

◆八つには切れません

八つ裂き

◆「打つ」ってヘンだろ

手打ち蕎麦

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を