あんパン

あんぱん

 あんパンとは、パンの中に小豆(あずき)あんを詰めた食べ物。パンの老舗木村屋が明治七(一八七四)年に発売し、翌年には明治天皇の献上品にもなって大ヒットした。安易な和洋折衷の産物と思われがちだが、実はパンそのものも日本の酒種を使って作っているという二重のトリックが隠されている。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆リンゴ酒だったはず

サイダー

◆首相のこだわり

肝煎り、肝入り

◆八つには切れません

八つ裂き

◆「打つ」ってヘンだろ

手打ち蕎麦

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を