この辞典の使い方「る」で始まる言葉>アンリ・ルソーの人物像、経歴、業績

カテゴリー:芸術、美術、工芸

カテゴリー:図版付き解説

ルソー、アンリ

るそー、あんり

 アンリ・ルソー(Henri J.F. Rousseau)1844-1910。素朴派を代表するフランスの画家。「しろうと画家」「日曜画家」などと呼ばれるが、むしろ「しろうと以下」のドヘタな絵画技術と「プロを超える」天才的な絵画センスが同居した人物であり、「普通のしろうと」の要素はほとんどない画家である。

 ルソーは同時代の批評家や絵画の愛好家にはほとんど評価されなかった(死ぬ少し前から脚光を浴び始めたので、ゴッホなどよりはましだが)が、ゴーギャンやピカソらプロの画家(それも先鋭的な画家)に愛されたことで知られる。当時の最先端を行く画家は、過去の絵画技術を封印して新しい表現を模索し苦闘していたのであり、そんな困難な試みを軽々とやってのけているルソーは羨望の的であったに違いない。 

 ルソーが評価されたことにより、「素朴派」という大看板のもと、画商や批評家によるアマチュアやアマチュアにもばかにされるようなドヘタな絵描きの再発見ブームが巻き起こり、「素朴」や「ドヘタ」を演じるあざといプロの画家まで現れる始末であった。(CAS)

アンリ・ルソー ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード

墨守

最新おすすめワード

亡父

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

(過去の作品も登場)

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ