余命

よめい

 余命とは、残りの命という意味だが、死期のほぼ決まっている人について現在から予想死亡時点までの時間をいう。

 その「ほぼ決まっている死期」は、現在では主に医師が宣告するが、医学が発達していない時代には、その役割を占い師なども分担していた。現代でも優秀な占い師は、人の死期を予知することがいくらでもできるが、世の中の混乱を招く(つまり、死期を悟った人が人助けに目覚めて、社会の軋轢をかえりみず、子供達のために児童公園の創設に尽力するというような)おそれがあるので、あえて人の死を占うことを避けているのである。(CAS)

余命 ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆アメリカ人も驚く

アイスコーヒー

アメリカンコーヒー

◆振りまくほうの神です

疫病神

◆あの○△□は何だった

おでん

◆「打つ」ってヘンだろ

手打ち蕎麦

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を