この辞典の使い方「よ」で始まる言葉>世を忍ぶ仮の姿の意味

カテゴリー:慣用句

世を忍ぶ仮の姿

よをしのぶかりのすがた

 世を忍ぶ仮の姿とは、本来の姿を隠して社会生活をするためにコスプレした姿という意味。早い話が、『スーパーマン』におけるクラーク・J・ケントであり、『遠山の金さん』の江戸町奉行・遠山金四郎に対する町場の遊び人・金さんである。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

読者のご指摘により、当サイトの引用、転載についての注意点を改訂しました。詳しくはトップページをご覧下さい。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ