この辞典の使い方「よ」で始まる言葉>よんどころないの意味

カテゴリー:慣用語、擬声語、擬態語

拠ん所ない、よんどころない

よんどころない

 よんどころない(拠ん所ない)とは、そうするよりしかたないという意味で、「よんどころない事情があって会議には欠席します」などと用いる。「よんどころ(拠ん所)」は「よりどころ(拠り所)」の転で、支えとなるもの、根拠、理由などを意味する。したがって「よんどころない」は、根拠や理由がないという意味であり、私がやったこと、これからやろうとしていることは、説明するのも恥ずかしい根拠や理由によるものなので、あえて説明しないという意味あいがこめられており、「よんどころない事情があって会議には……」というような説明を聞いた者は、「またあいつは二日酔いで朝起きられなくて来ないのだな」と適切に解釈するのである。(CAS)

よんどころない ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

読者のご指摘により、当サイトの引用、転載についての注意点を改訂しました。詳しくはトップページをご覧下さい。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ