この辞典の使い方「よ」で始まる言葉>よっぽど、よほどの意味、語源

カテゴリー:慣用語、擬声語、擬態語

よっぽど、よほど、余程

よっぽど、よほど

 よっぽど(または、よほど)とは、「彼が怒鳴るとはよほどのことがあったのだろう」のように、程度を超えているさま、「ムカついてよっぽど帰ってやろうかと思った」のように、感情の程度がはなはだしくもう少しで行動を起こしてしまいそうなさまをいうのに用いる。もとは「良き程」、つまり「よい程度」「適度」という意味の言葉だったものが、江戸時代に「適度を超えたはなはだしい程度」に変化したらしい。この変化は、もとはちょうどよい程度を意味していた「いい加減」や「適当」が、「あまりよくない程度」を意味するようになった変化を連想させる。こうした類似の変化を観察すると、われわれが「ちょうどいい感じでした」などと言うのを、聞いているほうはまともに受け取っていない実態がかいまみられる。(CAS)

よっぽど、よほど ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

書店、ネット書店等でお買い求めください。定価1.000円+税

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

特選テーマ

カテゴリーインデックス

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を