厄年

やくどし

 厄年とは、病気や事故などの災いにあいやすいとされる年齢。この年に当たる人は、宗教関係者あるいは宗教関係者を装う怪しげな人々に、不明朗な報酬を支払って災いを防ぐ手段を講じなければならないとされる。

 厄年は男は25、42、61歳、女は19、33、37歳で、男42歳、女33歳が最も危険な年とされるが、その根拠は42が「死に」、33が「散々」に通じるというゴロ合わせにすぎないという説もあり、厄年を深刻に考えている人にとってはたちの悪い冗談である。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を