この辞典の使い方「や」で始まる言葉>やはり野に置け蓮華草の意味

カテゴリー:ことわざ、故事成語、名言、名句

カテゴリー:図版付き解説

やはり野に置け蓮華草、やはり野におけれんげ草

やはりのにおけれんげそう

 やはり野に置け蓮華(れんげ)草は、江戸中期の俳人・瓢水(ひょうすい)の句「手に取るなやはり野におけ蓮華草」から取ったもので、野原で咲いているからこそレンゲソウは美しいのであって、摘んで観賞するものではない、すなわち、人や生き物はそのものにふさわしい環境に置くのがよいという、エコロジー精神にあふれたことわざである。この言葉は、つい手に取って持って行きたくなる可憐なレンゲソウだからなりたつのであって、そこらへんのぺんぺん草であったら、野原にあっても見向きもされないので、「野におけ」などと心配するにはおよばない。(CAS)

カテゴリー:図版付き解説

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ