桃栗三年柿八年

ももくりさんねんかきはちねん

 桃栗三年柿八年とは、桃と栗は種を蒔いてから3年、柿は8年たって実を結ぶという意味で、おそらく作者は、人間が大成するにはそれぞれの熟成期間が必要であるという教訓にしたかったのではないかと思われるが、例えがあまりにリアルすぎるせいか、作者の意図に反して、言葉の意味そのままに農業従事者の手引きとして用いられている。(CAS)

桃栗三年柿八年 ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆振りまくほうの神です

疫病神

◆あの○△□は何だった

おでん

◆「打つ」ってヘンだろ

手打ち蕎麦

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を