↑↑↑おすすめインデックス(モバイルの方はメニュー→五十音インデックス→各項目へ)

モバイル版ご覧の方、パソコン版もぜひご覧ください(画面一番下に切換ボタンあります)

この辞典の使い方「も」で始まる言葉>モンドリアンの人物像、業績

カテゴリー:芸術、美術、工芸

モンドリアン、ピエト

もんどりあんぴえと

 ピエト・モンドリアン(Piet Mondrian)1872-1944。歴史上最も簡単に真似できるが、歴史上最も真似する気になれない抽象絵画で知られるオランダ出身の画家。ロシア出身のカンディンスキーと並び抽象絵画の祖と称される。表現主義から展開したカンディンスキーに対して、モンドリアンはピカソらのキュビズムの造形をつきつめた幾何学的でミニマムな抽象画がウリ。中でも、縦横の黒い直線でしきられた画面に赤、青、黄の三原色を配置した『コンポジション』のシリーズが代表作で、「先にやったもん勝ち」というその後の現代芸術の傾向を先取りした、まさに「やったもん勝ち」の画家であり、世界中の無能な画家の嫉妬を集めている。(CAS)

モンドリアン ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆海外のはあれじゃない

クリームソーダ

◆くれるんなら一つでも

才色兼備

◆おまえ、大阪もんだな

いらち

◆皿を食うわけじゃない

毒を食らわば皿まで

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を