モチーフ、モティーフ

もちーふ、もてぃーふ

 モチーフまたはモティーフ(motif)はフランス語で動機、理由、主題という意味。英語のmotiveと同じだが、あえてmotifというフランス語が用いられる場合は、美術や小説などで、表現の動機となった素材や思想のことをいう。例えば、伝統的な西洋絵画では、キリスト教の聖書やギリシャ神話の物語がモチーフとして使われることが多いが、そのような伝統的なモチーフを使うことがダサいと考えられるようになった近代絵画では、目の前でハダカになって寝ているアルバイトの女性とか、テーブルの上で腐りかけているリンゴといった、より直接的な絵画素材をモチーフと呼ぶことが多い。また、クラシック音楽では、楽曲を作る最小単位で、作曲家が「かっこいいじゃん」と気にいって、その楽曲の中で何度も何度も使いたがる、耳障りな音の連なりをモチーフという。

 芸術的な感性を刺激して制作の動機となった素材や考え方をモチーフというわけだが、いくら本当の制作動機になったとしても「これでひと儲けしてやる」というような不純な動機はモチーフとはいわない。(英語でmotiveといえば問題ないかもしれない)(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ