目減り

めべり

 目減りとは、わずらって寝ついているあなたの資産の最近の病状。ここで「目」は、はかりで計った量や重さのことをいう。「目減り」は、ものの量や重さが経ることだが、経済的にはものや金の実質的な価値が下がることをいい、「インフレ預金が目減りしている」などと用いる。つまり、寝ついている病人(金)が一見ふだんと変わらないように見えても、確実に衰えているようなものである。そんな金を医者(金融コンサルタント)に見せると、「寝かせてばかりいないで、仕事に出て稼いだほうが元気になりますよ」などと無責任なことをいうのである。(CAS)

目減り ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

書店、ネット書店等でお買い求めください。定価1.000円+税

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

特選テーマ

カテゴリーインデックス

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を