目利き

めきき

 目利きとは、「目の性能が高いこと」または「目の性能が高い人」という意味だが、美術や骨董の世界の造詣が深く、物の価値をよく知っていること、知っている人のことをいい、決して、大平原の狩猟民族のように、遠くまでよく見える人のことではない。その証拠に、こうもりのように耳がよく聞こえる人を「耳利き」とも、警察犬のように鼻の性能のよい人を「鼻利き」ともいわない。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆海外のはあれじゃない

クリームソーダ

◆くれるんなら一つでも

才色兼備

◆おまえ、大阪もんだな

いらち

◆皿を食うわけじゃない

毒を食らわば皿まで

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を