召使い

めしつかい

 召使いの「召(めし)」は「召す」の連用形。「召す」は、皇族や貴族などの貴人の「呼び寄せる」「食べる」「着る」といった様々な動作を表す尊敬語で、「召使い」は(貴人が)雇って使っている人、つまり使用人、雑用係である。貴族の時代ではなくなった昨今、隷属的な意味あいの強い「召使い」という言葉は、自分で自分のことをよほど偉いと思っている人でもなければめったに使わない(たぶん、現代の皇族の皆様も使わない)。(CAS)

召使い ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

中国語訳版が近日台湾、香港などで出版される予定!

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

書店、ネット書店等でお買い求めください。定価1.000円+税

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

特選テーマ

カテゴリーインデックス

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を