この辞典の使い方「む」で始まる言葉>虫唾が走る、虫酸が走るの意味、語源

カテゴリー:慣用句

虫唾が走る、虫酸が走る

むしずがはしる

 虫唾(虫酸)が走るの「虫唾(虫酸)」とは、吐き気をもよおしたときなどに口に逆流する胃液を、「虫のよだれ(虫唾)」あるいは「虫が出す酸っぱい液体(虫酸)」と表現したものらしい。したがって、「虫唾(虫酸)が走る」とは、吐き気がするほど不快でたまらないという意味の例えである。しかし、実際の用法においては、吐き気をもよおす不快感というより、酸っぱくて苦いものが口の中にあふれたときの震え上がるような不快な感覚を表現している感が強い。つまり、あなたが美しい少女であると仮定した場合、脂ぎったおやじから関係を迫られたときの感覚がそれである(まあ、わざわざ美しい少女と仮定しなくても、美しくない少女でも、普通の男子でも、同じことではあるが)。

虫唾が走る、虫酸が走る ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

読者のご指摘により、当サイトの引用、転載についての注意点を改訂しました。詳しくはトップページをご覧下さい。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ