無我の境地

むがのきょうち

 無我の境地とは、仏教において自我へのとらわれから解放され、悩みや悪心など生じるはずもない悟りの状態を意味する。つまり、死んでしまったような精神状態のことで、仏教の信仰や修行の到達地点とされる。死んでしまえば悩みや悪心などあるはずもなく、われわれ日本人が「死ねば仏」と短絡的に結論づけるのも無理からぬところである。(CAS)

無我の境地 ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

このホームページの拡充のため、ネット関係事業者、制作者、出版関係者の方々の協力を求めています。ご関心のある方は下記までご連絡ください。その他、ご質問、ご意見、記事引用のご相談なども下記までどうぞ。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を