この辞典の使い方「む」で始まる言葉>無尽蔵の意味、語源、由来

カテゴリー:慣用語、擬声語、擬態語

無尽蔵

むじんぞう

 無尽蔵とは、尽きることのない蔵(倉庫)という意味で、いくらとってもなくならないことの比喩。つまり、ひとむかし前の石油の埋蔵量のようなものの例えである。「無尽(盡)蔵」は中国北宋の詩人蘇軾(蘇東坡)が「前赤壁賦」の中で「長江(揚子江)の上を流れる清風と山間の明月とは、耳で聞き目で見て自分のものとし、いくら(詩のモチーフとして)使ってもなくなることはない無尽蔵のものだから、遠慮はいらない」と詠ったもの。石油も詩の材料であったら無尽蔵だっただろうに、自動車を動かす材料だからねえ……。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆リンゴ酒だったはず

サイダー

◆首相のこだわり

肝煎り、肝入り

◆八つには切れません

八つ裂き

◆「打つ」ってヘンだろ

手打ち蕎麦

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を