無国籍料理

むこくせきりょうり

 無国籍料理とは、どこの国の料理かわからない料理のこと。とはいっても、缶詰のツナにマヨネーズをかけただけ、というような安易な料理ではなく、さまざまな国の料理の要素をミックスさせながら、どこかの国のちゃんとした料理のような体裁を保っている料理をいう。つまり、無国籍料理というより、多国籍料理であり、特に、日本料理やフランス料理に、エスニックな味付けやスパイスをきかせて、せっかくのおいしい料理をだいなしにしたものをそう呼ぶ場合が多い。

 しかし、「さまざまな国の料理の要素をミックスさせながら、どこかの国のちゃんとした料理のような体裁を保っている料理」という定義を冷静に考えてみると、日本の「洋食」などは無国籍料理の典型といえるものであり、しかも無国籍料理のうちの数少ない成功例だといえる。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

読者のご指摘により、当サイトの引用、転載についての注意点を改訂しました。詳しくはトップページをご覧下さい。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ