みち

 道とは、その先かその後ろかに、ある人の目的地が存在する線状の土地。つまり道は、人々の目的地を網目のように縦横に結んだ場所であり、歩いている道の先に自分の目的地があるとは限らない(方向音痴であったり、目的を定めずに歩いていたりするから)ので、人は道に迷ったり、道を誤ったりするのである。

 日本において芸術や武術のジャンルは「茶道(茶の道)」「花道(花の道)」「剣道(剣の道)」「柔道(やわらの道)」のように、究極の目標に至る過程という意味で「道」の文字が用いられる。その「道」が指し示す目的地は、精神的、宗教的な高みであるが、それらの「道」にいそしんでいる大半の人々は、創始者をはじめ先人が残した「形」を踏襲したり、他人を打ち負かすことが究極の目的だと考えている。(CAS)

道 ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆振りまくほうの神です

疫病神

◆あの○△□は何だった

おでん

◆「打つ」ってヘンだろ

手打ち蕎麦

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を