この辞典の使い方「み」で始まる言葉>短夜の意味

カテゴリー:行事、暦、時制

カテゴリー:文学、出版

短夜

みじかよ

 短夜(みじかよ)は、時間が短い夜という意味で、俳句で夏の季語とされている。夜の時間がいちばん短いのは夏至なので、夏の夜が短いというのは正しい認識であるが、では昼間の時間が長いという「日永(ひなが)」「永日(えいじつ)」も夏かというと、これらは春の季語。日の短い冬が終わって、暖かい昼間の時間が伸びていくのを祝福する気持ちが「日永」「永日」には表現されている。一方、くそ暑い昼間からようやく開放され、涼しい夜風を楽しめる夏の夜だが、短くて残念! という気持ちが「短夜」には表れている。詩的な世界では天文学的なこまかい事実関係は二の次なのである。(CAS)

短夜 ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆振りまくほうの神です

疫病神

◆あの○△□は何だった

おでん

◆「打つ」ってヘンだろ

手打ち蕎麦

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を