負けるが勝ち

まけるがかち

 負けるが勝ちとは、「負けること=勝つこと」という誤った言説だが、ここで言いたいのは、いまここで負けるのは、長い目で見た勝負や、他の視点から見た勝負で勝つことにつながるという意味で、「この敗戦で落胆せず、次の勝利につなげなさい」という、敗者を勇気づけることわざである。しかし、いまこの勝負で負けてしまった敗者から、「この負けが勝ちにつながるという具体的な根拠を述べよ」と問われたとき、それをわかりやすく説明するのは難しく、結局のところ、敗者を元気づけるにはあまりに説得力のない、どちらかというと「負け惜しみ」とか「負け犬の遠吠え」に近い言葉であるといえよう。(CAS)

負けるが勝ち ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

書店、ネット書店等でお買い求めください。定価1.000円+税

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

特選テーマ

カテゴリーインデックス

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を