仏作って魂入れず

ほとけつくってたましいいれず

 仏作って魂入れずとは、仏像を作ったものの霊力を込めそこなったために、うすっぺらな出来になってしまうという意味で、苦労して仕事を仕上げたが肝心な点を欠いたために仕事の成果がそこなわれるというたとえ。「せっかくいい本ができたのにPRを忘れるとは、仏作って魂入れずだな」などと用いる。偶像を禁じるイスラム教圏では通じないことわざである(イスラム教圏であえて仏様を紹介しようとする人もないであろうが)。

 ところでこの、仏像に「魂を入れる」ということは、解釈の難しい作業である。要するにいまにも微笑みかけそうにリアルに仏像を仕上げることではないかとも考えられるが、円空仏のようにお世辞にも上手ではないが、なにかしらありがたみや迫力を感じる仏像もある。ただひとつ言えるのは、サクサクと仏像を作って、最後にポンと魂を入れれば済むというような安易な作業ではないということで、最初から最後まで「魂を入れるぞ」みたいな意気込みで作らないと、「魂の入った仏像」はできないということである。したがって、上司から「仏作って魂入れずだな」と言われたあなたは、「いい出来だが惜しい」と甘く解釈すべきでなく、「最初からやる気がなかったんだろう」と厳しくとらえるべきであろう。(CAS)

仏作って魂入れず ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

中国語訳版が近日台湾、香港などで出版される予定!

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

書店、ネット書店等でお買い求めください。定価1.000円+税

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

特選テーマ

カテゴリーインデックス

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を