平平凡凡、平々凡々

へいぼん

 平平凡凡(平々凡々)とは、すぐれた特徴もなく普通であるという意味の「平凡」をさらに強めた言い方……というか、平凡をもっと平凡にした言い方で、「フツーすぎておもしろみがない」といったニュアンスで用いられる言葉である。

 日本の親は、平凡な自分の子どもがビッグになれるはずがないとさめた目で見ているのか、はりきりすぎて悪事に走られてもこまると思っているのか、子どもにあまり過大な期待をいだかない傾向があり、「平凡でもいいから幸せになってほしい」などと言う。しかしさすがに「平々凡々に生きろ」とまでは言わない(そこまで言うと、どんなにバカでも子どもに失礼というものである)。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

読者のご指摘により、当サイトの引用、転載についての注意点を改訂しました。詳しくはトップページをご覧下さい。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ