この辞典の使い方「へ」で始まる言葉>屁の河童の意味、語源

カテゴリー:俗語、隠語、流行語

屁の河童

へのかっぱ

 屁の河童は、「河童の屁」を反転させた言い方。容易であること、とるにたりないことという意味で、「朝飯前」と似た表現であり、現代で言えば「楽勝」に当たる。語感からも察せられるように、与えられた仕事などを「朝飯前」や「楽勝」よりさらにあまく見た言い方である。「屁」は誰の屁であるにせよとるにたりないものであるが、なぜわざわざ想像上の動物である河童に託したのか疑問が残り、水中で出す屁なので勢いがないなどという、苦し紛れの解釈もなされている。一方で、すぐに消えてしまう「木くずについた火」という意味の「木っ端の火」が訛った言葉であるとの見解もあり、どちらかというとそのほうが説得力がある。いずれにしても、いまとなってはあまり実感のない言い方であり、仕事を命じられて「こんなの屁の河童です」などと言っている若いヤツは見あたらない。(CAS)

屁の河童 ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

読者のご指摘により、当サイトの引用、転載についての注意点を改訂しました。詳しくはトップページをご覧下さい。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ