この辞典の使い方「へ」で始まる言葉>屁でもないの意味

カテゴリー:慣用句

屁でもない

へでもない

 屁でもないとは、あるものごとが、屁にも値しないほどとるに足らない、問題にならないという意味。与えられた仕事が容易であると感じられたとき、「こんな仕事、屁でもない」などと用い、自身の能力の高さを相対的に誇る言い方となる。しかし、確かに「屁でもな」ければ、まったく問題にならないことには違いないが、仮に「屁であ」ったとしてもたいした問題ではないので、さほど自分の実力をアピールする言葉にはならないと思う。

「屁でもない」に似た言い方に「屁のカッパ」「朝飯前」などがある。「屁のカッパ」は「屁」で共通しているが、なんで「カッパ」なのかよくわからないのでいまはあまり用いられていない。「朝飯前」は「屁でもない」よりはややお上品であるが、いずれにしても、与えられた仕事やライバルを甘くみて、根拠のない自信をいだくこと自体があまりお上品な態度とはいえない。(CAS)

屁でもない ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

読者のご指摘により、当サイトの引用、転載についての注意点を改訂しました。詳しくはトップページをご覧下さい。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ