別腹

べつばら

 別腹とは、いまある腹(胃腸)とは別にある腹という意味で、いわばスペアの腹であり、どれほど満腹であってもその別腹に収めることができる、つまり「もっと食える」といいたいときに使う言葉である。ボリュームたっぷりのメインの食事が終わりデザートが出されたとき、若い女性が「デザートは別腹」などと言いながら大きなケーキむさぼりつくようなシーンで使用されることが多く、メインの食事で満腹になっていても、おいしそうなデザートを見ればまた食欲がわくという感覚を「別腹」と表現したものと思われる。比喩表現としてはいいところをついているかもしれないが、上品なお嬢様にはあまり使っていただきたくない言葉ではある。だからといって、いかつい男がデザートを見て「デザートは別腹」などと言っているのもまた、違和感を覚える姿である。(CAS)

別腹 ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ