この辞典の使い方「へ」で始まる言葉>ヘタウマ、下手うまの意味

カテゴリー:芸術、美術、工芸

ヘタウマ、下手うま

へたうま

 ヘタウマとは、下手でありかつ上手であるという矛盾した意味で、主にアートの世界のおいて、技術的には未熟で素人でさえもっとましなものが作れると思わせるにも関わらず、見る人をひきつける作品やそのような作品を生み出す作者の才能についていう言葉。

 海外では「ヘタウマ」に該当する言葉はないように思われるが、ヘタウマの元祖はどう考えてもフランスのアンリ・ルソーである。

 ヘタウマで知られるアーティストの大半は、基本的な技術を学ばず独自の世界を切り開いた人々であるが、ヘタウマ作家の登場により、技術は身につけているが人をひきつける才能のないセミプロが、下手をまねて成り上がりを図ろうとし、世の中に「ニセヘタウマ」が増殖した。

 なお、たいした技術も身につけていないそこのあなたは、間違いなく「ヘタヘタ」なので、ヘタウマ作家に触発されたへんな野望は早く捨て去ったほうがよい。(CAS)

ヘタウマ ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

中国語繁体字版『笑談日本語』台湾、香港などで発売!

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

書店、ネット書店等でお買い求めください。定価1.000円+税

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

特選テーマ

カテゴリーインデックス

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を