ふう

 風(ふう)とは、名詞や形容詞の後ろに付けて、方法、様子、スタイル、性格などの意味を持たせる言葉だが、気まぐれな風が吹くように、言いたいことをややぼかしてあいまいにしたいときに用いる。例えば、「こういうふうにやってください」は「こうしてください」と明確に伝えるのではなく、「こんな感じでやってもらえれば、たぶんうまくうまくいくんじゃないのかな」という気持ちを、「洋風建築」は、「西洋の建築」そのものではなく「日本の大工が西洋の建築をまねして作った建築」を表している。

 漢字の「風」は「かぜ」という意味。日本語の「気(空気と似た意味)」という言葉が、人間関係に影響を与える得体の知れない要素を表すのに対して、「気」が動いて「風」になることから、「気」よりは少しは感覚的にとらえられる要素を表現している。(CAS)

風 ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を