この辞典の使い方「ふ」で始まる言葉>焚書坑儒の意味

カテゴリー:歴史

カテゴリー:政治、軍事

カテゴリー:四字熟語

焚書坑儒

ふんしょこうじゅ

 焚書坑儒とは、中国秦時代の紀元前231年、始皇帝が行った思想弾圧で、体制派の歴史書、医学書、農学書などを除くすべての書物を焼き払い(焚書)、翌年には政府に批判的な儒者数百人を生き埋めにした(坑儒)というもの。体制による反体制派の弾圧のお手本とされる行為であり、「焚書坑儒」は、その後の思想弾圧の代名詞ともされている。洋の東西を問わず、権力者によるこのような暴挙は多大な文化的損失であると批判される。儒者のような人々はいくら生き埋めにしたってたいしたことではないが、書物や文化的遺産に関しては、なんとか後世に残す努力をしてほしかったと思う(注:もちろんブラックジョークです。こういう冗談を本気にする連中のおかげで、虐殺の歴史が綿々と続いてきたのです)。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆アメリカ人も驚く

アイスコーヒー

アメリカンコーヒー

◆振りまくほうの神です

疫病神

◆あの○△□は何だった

おでん

◆「打つ」ってヘンだろ

手打ち蕎麦

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を