この辞典の使い方「ふ」で始まる言葉>仏滅の意味、語源、由来

カテゴリー:宗教、民間信仰、俗信

仏滅

ぶつめつ

 仏滅とは、釈迦の死という意味だが、日本のカレンダーでは六曜(六種類の星という意味で、その日の吉凶を表す)のひとつで、なにをするにも運の悪い日とされる。

 仏滅は、六日に一度程度のローテーションで回ってくるが、そんなにしょっちゅう釈迦が死ぬわけはないので、「釈迦が死んだ日」というのはあくまで例え。中国で発案されたときは「空亡(くうぼう)」という名前だったが、素人にはわかりにくいので、江戸時代の末期頃日本人が釈迦にことわりもなく、「釈迦が死んだ日くらい不吉な日」というわかりやすいネーミングに勝手に差し替えたものらしい。(CAS)

仏滅 ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆ピザは解放である

デリバリー

◆イナゴ食っても肉食?

肉食

◆ラーメンは何食?

和食日本食

◆え?それを食う?

河豚の卵巣の糠漬け

 

◆オレも苦しいんだよ

お互い様

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を