不惑

ふわく

 不惑とは、煩悩や迷いがないという意味で、古代中国の聖人・孔子が自身の学究の歴史を自慢して弟子達に垂れた説教の中で、40歳になったときの精神状態を表したもの。そのあと、50歳で天命を知り、60歳では何事にも素直に耳を傾けられるようになり、70歳になるとやることなすことすべて法に則って歩くルールブックみたいになった、と自分の話に酔ってどんどんエスカレートしてゆく。

 この耳障りのよいキャッチフレーズが人の心をとらえ、「不惑」はいつしか40歳を意味する言葉として定着するようになるが、孔子先生は「俺が40歳になったときはこうだった」と言っているだけで、 その心はと問えば「おまえらにはとても無理無理」と解くに決まっていて、われわれ庶民が参考にできるような生き方でないことは自明の理である。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を