美白

びはく

 美白とは、美しく白いという意味で、シミやクスミのないより白い肌を目指す美容のコンセプトをいう。日本人は全般的にメラニン色素が豊富なので、美白は、個人にとっては負担が大きく、化粧品会社にとっては実入りの大きい美容概念である。

 昔から「色の白いは七難隠す(色が白ければ多少ブサイクでももてる)」と言われるように、日本人の美白志向は伝統的なものであり、芸者などは首筋から顔にかけて白粉を厚塗りして、まるで石膏像のような顔の白さを追求しているが(あまりの日焼けヅラだと、昔の暗い明かりでは顔が見えなかったという理由もあるようだが)、現在は、手を加えていることがわからないようなナチュラルな(つまり非常に無理な)美白が尊ばれている。(CAS)

美白 関連用語

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆あの○△□は何だった

おでん

◆リンゴ酒だったはず

サイダー

◆首相のこだわり

肝煎り、肝入り

◆「打つ」ってヘンだろ

手打ち蕎麦

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を