この辞典の使い方「ひ」で始まる言葉>微妙、ビミョーの意味

カテゴリー:俗語、隠語、流行語

微妙、ビミョー

びみょう

 微妙とは、遺伝子レベルで細かい、つまりはっきりと説明はできないが直感でようやく感じられるほど細かい、という意味。「微妙な違い」「間に合うかどうか、微妙」などと用いる。後者の例のように、「間に合う○」か「間に合わない×」かの判断がともなう場合、どちらかというと×と感じているときに使う。例えば、「この人の顔、微妙」といった場合、その顔は「どちらかというとブサイク」という意味。また、「この人の顔、ビミョー」とカタカナ表現に近い発音で、さらに声を震わせて語尾を伸ばすと、その顔は「かなりブサイク」という意味になる。

「微妙」と「ビミョー」の違いこそまったくビミョーである。(CAS)

微妙、ビミョー 関連用語

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

読者のご指摘により、当サイトの引用、転載についての注意点を改訂しました。詳しくはトップページをご覧下さい。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ