彼岸

ひがん

 彼岸とは、春と秋に行われる仏教の行事。春分の日と秋分の日をはさんだ前後三日、計七日の期間をいい、仏壇に供え物をしたり、先祖の墓参りをしたりする。先祖の霊を祀る行事にはお盆があるが、彼岸は、お盆のように先祖の霊が団体でこの世にやってくるというわけではないのでこの世の人間はさほど忙しくない。

 彼岸の言葉の意味は「向こう岸」。仏教の専門家に言わせれば、煩悩に満ちた此岸(しがん:こちら岸)に対して、悟りの境地をあらわすのが「彼岸」。われわれ素人からみれば「あの世」。(CAS)

彼岸 ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

読者のご指摘により、当サイトの引用、転載についての注意点を改訂しました。詳しくはトップページをご覧下さい。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ