ぴかぴか

ぴかぴか

 ぴかぴかとは、日本語の擬態語のひとつ。光が連続的に放たれたり消えたりするときや、磨きたての床など平滑で光を放つ物の表面から聞こえてくる音。

 「ぴかぴか」に光っている物の表面の平滑な肌触りからは「つるつる」という音が聞こえる。また、「つるつる」と「ぴかぴか」が合成される(つまり、平滑な表面につやがある)と、「てかてか」「てらてら」という音も聞こえる。つまり日本では、ワックスやペンキ塗り立ての室内は騒音が激くてゆっくり寝ていられない。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

読者のご指摘により、当サイトの引用、転載についての注意点を改訂しました。詳しくはトップページをご覧下さい。

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ