馬鹿、バカ

ばか

 馬鹿(バカ)とは、日本語で愚かなことや愚かなヤツを言い表すのに、最も簡潔で的確であり、言われている当の「バカ」にもよく理解でき、言い方によっては親しみをこめた愛情表現にもなるという、日本語初心者には最初に覚えていただきたい悪口である。

 岩波書店の『広辞苑』を編集した新村出博士の説によると「馬鹿」は、サンスクリット語で根源的な無知を意味するモーハ(moha)の音写である「莫迦」「莫何」が、いつしか現在の「馬」と「鹿」という漢字に置き換えられたものだという。サンスクリット語にはそのまんまのバカ(baka)という言葉があり、それを語源とする説もあるが、こちらは悪漢、詐欺などの意味で、意味的には「馬鹿」からやや離れる。「莫迦」や「莫何」が「馬鹿」になったについては、中国・秦の始皇帝のブレーンであった宦官・趙高が、宮中に鹿をつれてきて「珍しい馬がいる」と言い、家来の従順さをためしたという逸話に由来するという、マユツバものの話が流布しており、ほんとうかどうかもたいして究明されていない。現代中国語では「馬鹿」は、「アカシカ」という鹿の一種をさすらしいから、趙高の「馬鹿」はこの「鹿」だったというなら、まだわからないでもない。(CAS)

バカ ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

中国語訳版が近日台湾、香港などで出版される予定!

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

書店、ネット書店等でお買い求めください。定価1.000円+税

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

特選テーマ

カテゴリーインデックス

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を