のう

 脳とは、人間にあっては、女の子をたぶらかす手口をくわだてたり、夫をだますウソを思いついたり、出来心で万引きをするよう指令したり、ミスの責任を逃れるための言い訳を考えたりする重要な部分。動物の神経活動の中枢であり、人間などの脊椎動物では頭蓋の内部に存在する。

 頭部にあるため、言葉としての「脳」は「頭」で置き換えられることが多く、例えば、脳の働きの弱い人は「頭が悪い」と言い、脳を休ませていることが多い人には「もっと頭を使え」と言う。また、ウソをついたり悩んでいたりすると、心臓の鼓動が激しくなったり胃が痛くなったりするので、ウソをついたりタテマエを言ったりするのは脳の働きであっても、人間の本心やホンネは心臓や腹にあると昔の人は考えた。人間を解剖して脳や心臓や胃袋を取り出してみても、どれも似たようなものなので、心臓や腹が思考すると考えても不思議はないだろう(また、心臓も胃袋も中身は空っぽなので、あんまり頭はよくなさそうであり、ウソはつけそうもないことは確かである)。(CAS)

脳 ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

新作・おすすめnews

◆リンゴ酒だったはず

サイダー

◆首相のこだわり

肝煎り、肝入り

◆八つには切れません

八つ裂き

◆「打つ」ってヘンだろ

手打ち蕎麦

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を