この辞典の使い方「の」で始まる言葉>惚気る、のろけるの意味、語源

カテゴリー:言動、表情、態度

カテゴリー:慣用語、擬声語、擬態語

惚気る、のろける

のろける

 惚気る(のろける)とは、男女の仲のよさを得意になって話す行為を意味し、聞かされている人々にとっては(仲がよいといっているその相手が、とんでもない浮気な遊び人だと、本人以外みんなが知っているといった状況ででもないかぎり)おもしろくもなんともない迷惑行為をいう。そのような惚気話(のろけばなし)を長々と聞かされそうになった場合、私たちはマナーとして「ごちそうさま」と食事の後の挨拶を返すが、これは「もうおなかいっぱいで食べられません」転じて「そんなまずい料理はもういらない」という意味の断り文句として使用されるのである。

 惚気るの「のろ」は、スピードが遅いという意味の「鈍(のろ)い」の「のろ」と同じ語幹であり、「惚気」は「動きがのろくなった精神」を意味する。つまり、恋愛に夢中になって周囲のしらっとした空気が読めないほど、頭の回転が鈍くなっている状態をいい、そんな鈍い精神状態から言葉を発するのが「惚気る」である。(CAS)

惚気る、のろける ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ