この辞典の使い方「の」で始まる言葉>喉越し、のど越しの意味

カテゴリー:食文化、料理、食品、食材

喉越し、のど越し

のどごし

 のど(喉)越しとは、飲食物がのどを通っていくときの感じをいい、「のど越しスッキリのビール」「のど越しのよいソバ」などと用いるが、のどは味覚を感じる部位ではないので、用例は限られている。ビールの場合は、炭酸により適度にのどを刺激しながらよく冷えた液体が通過していく感触が快いという意味であろうし、ソバの場合は、麺の打ち方やゆで加減が適切であるために冷ややかさを感じながらスムーズにのどを通過していく心地よさを表現しているのだと思われる。このように「のど越しがよい」飲食物は数少ないので、のどを通る感覚が優れているとはいえない多くの飲食物もあえて「熱すぎてのどごしの悪いスープだ」とか「固くて喉越しの悪い肉だ」などとは言わない。(CAS)

喉越し、のど越し ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ