葱鮪鍋、ねぎま鍋

ねぎまなべ

 葱鮪鍋(ねぎまなべ)とは、ネギとマグロをしょう油や日本酒などで味付けしただし汁で煮込んだ料理。江戸時代の後期、鮮度がすぐに失われ、しょう油漬けにも適さなかったため捨てられていたマグロの脂身(トロ)を、鍋物にして食べたのがはじまりだという。しかし、マグロのトロは新鮮であれば寿司や刺身で食べたほうがうまいし、鍋のだし汁は牛肉を入れて食べたほうがうまいので、この中途半端な料理はその後衰退し、最近では物好きが江戸風物を懐かしんで食べるマニアックな(つまり誰もが喜んで食べるわけではない)食べ物となっている。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

最新追加ワード(ずっと下にもあります)

おすすめワード(ずっと下にもあります)

カテゴリーインデックス

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

中国繁体字版も発売中

イラストギャラリー

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を

特選テーマ