この辞典の使い方「ね」で始まる言葉>懇ろ、ねんごろの意味、語源

カテゴリー:慣用語、擬声語、擬態語

懇ろ、ねんごろ

ねんごろ

 懇ろ(ねんごろ)は、「ねんごろなもてなし」のように「心がこもっている様子」「ていねいで手厚い様子」を意味する。また「ねんごろな間柄」のように「親密な関係」「男女の深い仲」をも意味する。もととなった言葉は「根もころ」。「もころ(如・若)」は「…のごとし」つまり「同じ状態にある」という意味で、「根もころ」は「からみあう植物の根と同じ様子」ということ。したがって「懇ろ(ねんごろ)」は、根がからんでくるように手厚すぎて、根が養分を吸収するように後から莫大な見返りを求められるのではないかと心配になるようなもてなし、または、文字通りからみあうような、あるいは実際にからみあっている関係などに用いる言葉である。(CAS)

この辞典の楽しみ方▼

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を