この辞典の使い方「ね」で始まる言葉>念には念を入れるの意味

カテゴリー:慣用句

念には念を入れる

ねんにはねんをいれる

 念には念を入れるとは、何度も注意する、確認のうえに確認をかさねるという意味で、似た意味の「念を押す」がぼんくらな相手に対して行う行為であるのに対して、「念には念を入れる」は今かけているメガネを探し回るようなぼんくらな自分に対して行うべき行為である。この世の中でぼんくらな自分ほど信用できない者はいないので、「念を入れる」だけでは不安で「念には」と重ねて念を押さなければ気がすまないのである。(CAS)

念には念を入れる ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を