この辞典の使い方「ね」で始まる言葉>念が残るの意味

カテゴリー:慣用句

念が残る

ねんがのこる

 念が残るとは、思いや気持ちがある時点や場所から離れないで留まるという意味で、きっぱりと思い切ることができない気持ちを言い表した言葉である。特に、死んで肉体は滅びても、思い残すことがあって精神だけだがこの世にとどまっている状態をいう場合が多い。この世に念が残ったまま死んだ人の魂が視覚化されたものを幽霊という。あなたの近辺をうろついている幽霊にあの世にお帰り願うには、その人の念を晴らしてやればよいのだが、幽霊というものは「カウンセリングを受けなさい」などと勧めても、なかなか素直に従うようなヤツらではないし、万一その「残っている念」の対象があなただったりしたら、(よい思いであるにせよ、悪い思いであるにせよ)えらい目に会うので、気軽に声をかけるのもためらわれるところではある。(CAS)

念が残る ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を