この辞典の使い方「ね」で始まる言葉>年貢の納め時の意味

カテゴリー:慣用句

年貢の納め時

ねんぐのおさめどき

 年貢の納め時の「年貢」は江戸時代以前の税金のこと。「年貢の納め時」とは、税金逃れを繰りかえしてきたが、納めなければいよいよムショ入りという頃合いを意味する。しかし実際には、さんざん悪事を働いてきた人物がついに捕縛されたという場面で、長年彼を追い続けてきた刑事が「おまえもとうとう年貢の納め時だな」などと、年貢を納めたからといってムショ入りが逃れられるわけではない場面で用いられる。(CAS)

年貢の納め時 ついでにこんな言葉もチェックすべし

この辞典の楽しみ方▼

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

定価1.000円+税

→こちらへどうぞ

イラスト付解説

最新イラストはこの下↓

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

カテゴリーインデックス

最新イラスト

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を