盗人に追い銭

ぬすっとにおいせん、ぬすびとにおいせん

 盗人に追い銭の「追い銭」とは、一度支払ったうえにさらに追加して払う、いわゆる「追加料金」を意味し、「盗人に追い銭」とは、家財をあらかた巻き上げた強盗に「なにか他に忘れていることはありませんか」と尋ねられて、お人好しにも「そういえば、天井裏に金を隠していました」と余分に金品をくれてやるような、損の上に損をかさねることをいう。

 「盗人に追い銭」の用法としては、大企業が破綻の危機に瀕したとき、政府が救済に乗り出すと、われわれ貧乏人がくやしまぎれに「これじゃ、盗人に追い銭じゃないか」と愚痴るようなケース。また、競馬で11レースまで全部はずし、最終レースに帰りの電車賃までつぎこんですってしまった男が、自分の不徳を顧みず「盗人に追い銭をくれてやった」と吐き捨てるようなケースが代表的で、その盗人呼ばわりされている相手はたいてい「盗人」というには堂々としており、言っている本人のほうが弱小だったり、素行が悪かったりする場合が多い。(CAS)

盗人に追い銭 関連用語

この辞典の楽しみ方▼

中国語訳版が近日台湾、香港などで出版される予定!

講談社より『笑える日本語辞典』発売中!

書店、ネット書店等でお買い求めください。定価1.000円+税

きまぐれおすすめワーズ

新着&改訂ワーズ:着順

特選テーマ

カテゴリーインデックス

五十音インデックス

     

    

    

    

    

    

    

      

    

       を